ねまがりだけ(由利本荘市産)100g

ねまがりだけ(由利本荘市産)100g

¥220価格

(100g約5本)

 

栽培 天然

地域 由利本荘市

期間 5~6月

 

由利本荘市では有名な、山菜名人のひとり、畠山節子さん。

きさくで話し始めると 止まらない節子さんの話の中には、山菜をとる上で大事なことがた くさん。来年も採るための山菜とり、食べてくれる人を意識した下 処理。山菜は誰でも採っていい道端の草花ではなく、その山の生態系を壊さないことを約束した人たちだけが採ることができるのです。

 

5月から6月にかけて東北や信越でよく採れる根曲がり筍。食べると歯ざわりがとてもよく、優しい香りがします。アクが少なく生のままかじってもそれほどえぐみは感じません。
足が早いので冷蔵庫に入れて3日以内にお召し上がりください。

 

◆下処理(その日のうちに食べる場合は下処理はいりません。)

#1 先端を 1cmくらい切り落とし、そこから一直線に皮をむきます。

#2 お湯を沸かし、沸騰したら塩少々を加え 5 分ほど茹でます。(太いものなら8分位)
#3 皮を剥かずに茹でた鍋の中で1日放置。

#4 長く保存させたい場合は塩分濃度10%以上の塩水につけて瓶やペットボトルなどで保存。(約半年程度)